市街化調整区域と市街化区域

どんな不動産でも売れるの?

残念ながらどんな土地でも簡単に売れるという訳ではありません。
土地には市街化区域と市街化調整区域があります。

 

市街化区域

 

土地の乱開発や無秩序な市街化を防ぐ目的により区域を2種類にわけています。
市街化区域では計画的な宅地で市街化が図られています。

 

一方、市街化調整区域においては開発は原則禁止であり、市街化を抑制しています。
つまり自由に家を建てたり、立て替えたり、リフォームしたりできないのです。

 

市街化調整区域では例外もあります。
市街化の恐れとならない特定の条件の者には開発が許されます。
許可制が取られているので、自分の土地だからと勝手に土地の利用をすることができないのです。

 

ということは、一般的の方が市街化調整区域を買っても家を建てたり、リフォームするのは難しく、住宅ローンを組もうとしても市街化調整区域であるとわかるとローンが組めないこともあります。

 

市街化調整区域を買いたいというのは、開発が許された業者くらいですが坪単価はかなり安くなってしまうようです。