家 買取り 任意売却

不動産の任意売却

不動産 任意売却

 

長い住宅ローンの支払いの末にローンが払えなくなる可能もあります。
その場合、家を売って処分したいと思うことがあるかもしれません。

 

しかし「家を売る」というのは自分の意思だけではどうにも出来ず、簡単ではないのです。
なぜなら住宅ローンを契約する際に、ローンを組んだ金融機関に抵当権を握られるからです。

 

抵当権というのはズバリ担保のことです。

 

もし住宅ローンの返済が滞った場合、銀行が抵当権を行使して強制的に家を売って現金に変えてしまうこともできるのです。
住宅ローンを3カ月滞納すると、銀行も競売の準備に入ります。

 

勝手に競売にかけられる前に自分の意志で自宅を売却することを「任意売却」と言います。

 

任意売却をする前にはまず銀行に相談に行き、抵当権を抹消してもらわなけばなりません。
抵当権を抹消することができたら、任意売却が可能になるのです。

 

抵当権の抹消については銀行との話合いになりますが、当然応じてもらえないこともあります。

 

例えば連帯保証人の合意が得られないとか、内覧ができないとか、銀行との関係が悪化して信用がない場合は任意売却は難しく競売で家を売ることになります。

 

競売は裁判所を介して販売されるため、市場価格よりも安く売られる可能性が高いのです。
任意売却は市場価格に近い価格で売られますし、無事に売れた場合は引越し代なども先に確保することができます。

 

ローンの残高を少しでも減らして自宅を売却することが出来るので、競売より任意売却のほうがオススメです。

 

この先、住宅ローンが払えなさそうだと判断した場合は、競売になる前に早めに任意売却できないか考えながら動きましょう。
先延ばしにするほど状況が悪くなりますので、早めに銀行に相談してください。